【目黒】鎮海楼 – 海老の焼餃子と水餃子、どちらも抜群に旨い。

目黒・不動前
スポンサーリンク

お店の紹介

目黒駅の東側にある中華、餃子の美味しいお店として有名だったのですが、いつのまにか「餃子百名店」にも選ばれていました。
店内は町中華の雰囲気で価格もお手頃、それでいて、こちらの餃子は東京でも屈指の美味しさです。

町中華と言えば私は炒飯と餃子だとは思いますがこの話は論争を呼びそうですね。ただ、このセットが嫌いな方は少ないことでしょう。

こちらのお店、1974年開業とのことで老舗と呼んでも良いレベル。私も目黒の中華と言えばこちらが真っ先に思い浮かびます。餃子以外も美味しいのですが私は餃子を目当てに伺います。

食べてみた

水、焼 2種餃子定食 1,000円 (2015年3月、税込)

美味しい水餃子があると聞いて週末のランチで14時前くらいに伺いました。遅い昼のタイミングでもほぼ満席でしたが幸い待たずに入ることができました。その後も次々とお客さんが。
かなりの人気店のようです。

さて、水餃子と大好きな焼餃子の両方を楽しめる以下をお願いしました。
・水、焼 2種餃子定食 1000円 (税込)
水餃子、焼餃子が3個ずつついてくる定食です。

店内は大衆中華屋さんですが、5人や6人の家族でいろいろ頼んでいるお客さんも多かったです。
餃子以外の料理も美味しそうで、ニンニクの強めの匂いが溢れていました。

定食は焼餃子とごはん、スープなどが先に登場。水餃子は後からです。

醤油、お酢、ラー油でソースを作って焼餃子を食べはじめるとこれが絶品。
海老のプリプリ感と、それを邪魔しない具材、肉汁などがあっさりしていながら本当に旨い。
これは評判になるのも分かりました。

後に登場した水餃子も、もちもちの皮に、ジューシーな具材とエビが良いバランスです。
これもやはり名物らしい美味しさでした。

人気店なのが理解できる旨さ。
特に評判だったのは水餃子だったのですが、私は焼餃子の方がさらに好みでした。

両方食べるのがオススメですけどね。

基本情報

店名 鎮海楼
分類 中華、餃子
用途 絶品の海老餃子を食べたいときに
予算 [昼] 800円-2,000円
[夜] 3,000円-4,000円
営業
時間
コロナ禍により時間が変更になっているので要確認
18:00-24:00
12:00-14:00, 18:00-24:00
12:00-14:00, 18:00-24:00
12:00-14:00, 18:00-24:00
12:00-14:00, 18:00-24:00
18:00-24:00
定休日
リンク
電話 03-3449-8425
住所 東京都品川区上大崎2-15-6 市川ビル 1F
目黒駅から徒歩2分

コメント

タイトルとURLをコピーしました