【大岡山】立喰いそば よりみち – 南の交差点にある店名不明の立喰い蕎麦。

大岡山・洗足
スポンサーリンク

お店の紹介

大岡山から徒歩10分ほどの環七沿いにある立ち食いそばのお店、長渕剛氏の著書に出てくる「そば屋の親父の歌」にも登場するお店であり、氏も時々訪れることで知られています。

こちらは私には新鮮だったダシが甘くて柔らかいうどんのお店。
博多うどんは柔らかいと聞いたことがあるのでもしかしたらそのあたりのうどんなのかな、と思いつつ、新しいうどん体験ができるお店でした。

食べてみた

かき揚げうどん 350円 (2016年9月)

ずっと気になっていたお店、不便な環七沿いにありながら気になる書き込みが目立つお店です。
今回は週末に昼ごはんに伺いました。

最寄りの大岡山からも10分以上かかるロケーション。
少ないながらも車が止められるのでロードサイド型なのでしょうか?
謎は深まるばかりです。

とはいえ最大の謎は店名。
立食い蕎麦「米次郎」という看板があるので、当然そうかと思いきや、食べログやGoogle Map上は「よりみち」
最後までどちらが正しいか分かりませんでした。

お店に入ると店員さんが声をかけてくれます。
左手の立食いカウンターで注文です。
今回は、
・かき揚げうどん 350円 (税込み)
をお願いしました。
支払いはうどんと交換です。

右手にはテーブルもあり、そちらで座って食べました。

まずはスープを。
これが甘めであとをひく美味しさです。

そして麺が柔らかめ。
この柔らかい麺と甘めのスープが妙に美味しい。
どちらかというとコシの強いうどんが好きだったのですがこれもアリと思えるうどんでした。
これは新しい発見。

そしてかき揚げは厚さのある固めの天ぷら。
スープにつけてもバラバラにならないのでこれも最後まで食感を楽しめました。

立食い蕎麦といっても侮ることなかれ。
ここはなんだかクセになる、また行きたくなるお店かと思います。

ごちそうさま。

基本情報

店名 立喰いそば よりみち
分類 うどん、そば
用途 環七沿いで柔らかいうどんを食べたいときに。
予算 500円-1,000円
営業
時間
06:00-16:00
06:00-16:00
06:00-16:00
06:00-16:00
06:00-16:00
06:00-16:00
定休日
リンク
電話 03-3718-4981
住所 東京都目黒区南3-8-8
大岡山駅から徒歩9分

コメント

タイトルとURLをコピーしました