【九品仏】パティスリーサトウ – 実力派のパティスリー、最近九品仏が熱い

九品仏 - 上野毛
スポンサーリンク

お店の紹介

九品仏の周りにはいくつかのパティスリーやブラッセリーが登場してきて今や群雄割拠状態。その中の一つがこちらなのですが、こちらも期待を上回る実力派のパティスリーです。
写真を見て頂ければ分かりますが、造形の美しさと美味しさを兼ね備えた完成度の高いスイーツであり、わざわざ伺う価値のあるお店です。

九品仏の周りには新しいお店が次々と出来ており、しかもいずれもレベルが高い。フランスで修行された金井氏が2020年1月に開いた INIFINI やパンの世界大会である「モンディアル・デュ・パン」で優勝した大澤氏が2020年8月に開いた Commn’N やなど気になるお店ばかりです。

こちらのお店は2020年10月にできたお店。上記の実力派に続いての開店なのでなかなか厳しい船出となると思いきや、こちらも決しひけを取らないレベル。今、新しいスイーツのお店は自由が丘じゃなくて九品仏を目指しているのかと思えるような布陣となりました。

食べてみた

きんかんとピスタチオのタルト 580円、季節のフルーツショートケーキ 560円 (2021年1月、税別)

私が伺ったのは週末の昼過ぎ。店構えが上品でいかにも高級なパティスリーでした。さなみに近くに九品仏 さとうという和食も2019年にできたばかりでそちらもなかなかの味。同じさとうさんでも関係はなさそうです。

店内は入って右手に焼き菓子、左手にスイーツが並んだショーケースがありました。生スイーツは600円台のものが多く、高級なお店と言えるでしょう。

今回は、
・きんかんとピスタチオのタルト
・季節のフルーツショートケーキ
を持ち帰り。

自宅に戻ってすぐに美味しいコーヒーと一緒に食べ始めました。最近気づいたのですが我が家の冷蔵庫に入れると味が数段落ちるので、すぐに食べる方がより実力が分かります。

「きんかんとピスタチオのタルト」ですが組み合わせの面白さだけでなく、きんかん、ピスタチオのソース、タルトの堅さのバランスも絶妙。それぞれを単体で食べても美味しいですし、合わせて食べるとなおさら。見た目の美しさだけではない実力派でした。

「季節のフルーツショートケーキ」はこの日はイチゴがメインだったのですが、まずはスポンジの柔らかさやキメの細かさ、それに生クリームの美味しさが本当に素晴らしい。
サイズは小さいのですが、満足度はとても高いです。


これは想像を超えてきたレベル。
九品仏ではどのお店に立ち寄るか、きっと悩み続けることでしょう。

基本情報

店名 パティスリーサトウ
分類 スイーツ、焼き菓子
用途 九品仏の群雄割拠スイーツを楽しみたいときに
予算 600円-2,000円
営業
時間
10:00-19:00
定休日
定休日
10:00-19:00
10:00-19:00
10:00-18:00
10:00-18:00
リンク
電話 03-6432-2454
住所 東京都世田谷区奥沢8丁目1-20
九品仏駅から徒歩4分

コメント

タイトルとURLをコピーしました