【池上】とんかつ燕楽 – 東京屈指のとんかつ屋さんでラードの力を思い知る

池上沿線
スポンサーリンク

お店の紹介

都内のとんかつ百名店はほぼ制覇しているくらいとんかつ好きな私。その私が屈指と思っているのがこちらの「とんかつ燕楽」です。
新橋および千鳥町にもお店があるのですが、その中でも池上が特に大好きです。

御成門の燕楽で18年間も修行されてこちらに出店されたとのこと。その修行は伊達ではなくとんかつ大好きな私の中でも屈指と思えるお店です。

ポテトサラダやキャベツなどの添え物も決して手を抜かない姿勢もさることながら、ラードの風味が素晴らしく、とんかつとはこんなにも美味しいのか、そんな感動のある名店です。

食べてみた

ロースかつ定食 2,300円 + 瓶ビール 600円 (2019年3月)

大好きな燕楽のとんかつが食べたいと職場仲間とわざわざ夜に池上に訪れました。
私が屈指だと思っているとんかつ屋さんです。
前回はランチで伺い1Fがカウンター利用だったのですが、今回は2Fの座敷に案内されました。

お願いしたのは、
・ロースかつ定食 2,300円
・瓶ビール 600円

です。

とんかつが出来上がるまでに、お茶、ポテトサラダ、大根とキュウリの浅漬けが供されました。
書き込みを見ているとこの丁寧に作られたポテトサラダのファンも多そうです。

とんかつへのこだわりは店内にも記載してあり、
・平田牧場の三元豚
・貴重なラード
がキーワードです。

池上からもほど近い蒲田の有名店では「林SPF豚」を使って、低温で揚げたレアっぽいとんかつが評判ですが、こちらのは全く異なるタイプです。
そもそもこちらの出自が御成門なので、蒲田のタイプとは異なるのでしょう。

まず一口食べるとあまりの旨さにうなります。やはり旨い…。

これがラードの力であり、あとをひくこうばしさ、ついつい引き込まれる味わいです。
このラードの風味と三元豚の柔らかさ、上品な脂があいまって、極上のハーモニーのようでした。
豚もラードも、もっと言えばキャベツやポテトサラダも絶妙なバランスを保っているかのようです。

良い食材と丁寧な調理で育まれる素晴らしいとんかつ、やはり満足でした。

基本情報

店名 とんかつ燕楽
分類 とんかつ
用途 百名店でも屈指のとんかつ、ラードの風味に包まれたいときに
予算 [昼] 1,000円-2,500円
[夜] 2,000円-3,000円
営業
時間
定休日
11:00-14:30, 17:00-21:00
11:00-14:30, 17:00-21:00
11:00-14:30, 17:00-21:00
11:00-14:30, 17:00-21:00
11:00-14:30, 17:00-21:00
定休日
リンク
電話 03-3754-8243
住所 東京都大田区池上6-1-4
池上駅から徒歩2分

コメント

タイトルとURLをコピーしました