【馬車道】登良屋 – 古めかしいお店でホクホクの野菜と海老の天ぷらを

みなとみらい沿線
スポンサーリンク

お店の紹介

美味しい天ぷらが食べたいとき、少しだけ贅沢したいときにに頭に浮かぶお店です。
落ち着いた店内でゆったりと天ぷらを楽しめるのですが、この雰囲気も含めて名店かと思います。

あまり詳しくない馬車道、関内エリアで掘り当てたこちらのお店、とはいえ横浜では有名なお店なのだと思います。
メニューに金額が書いていないので、知らずに入るとドキドキしますが、それほどは高くないですし、金額以上の満足度です。

食べてみた

天ぷらセット + 海老 2,090円 (2021年2月)

この日は珍しく、横浜に遠征。
食べログサーフィンで見つけたこちらのお店でランチをしました。

平日だったのですが、昼13時前では待たずに入れて、奥の座敷に案内されました。
一人だったのですが、座敷でのんびり天ぷらという贅沢を味わいます。

メニューはあらかじめ決めていた
・天ぷらセット + 海老 2,090円 (税込)
です。
書き込みの通り、メニューには金額が書いていないのですが、だいたい海老をつけて2000円と思っておけば良いでしょう。

一番最初に天ぷらのダシとお茶が登場、このタイミングでごはんお代わりできますからね、と。
この後、同じことを3回言われました。
よっぽど食いしん坊に見えたのかな…。(笑
この後にも用事があったのでお代わりしませんでしたけど。

しばらく待って、ごはん、浅漬け、味噌汁、天婦羅が登場です。
天ぷらは期待通りの良い顔をして登場です。
蓮根、ししとう、カボチャ、ニンジン、イカ、キス、穴子、そして海老のお頭付き、これは絶景です。

早速、味噌汁を一口、ごはんを一口、王道の旨さを味わってから、蓮根の天ぷらから食べ始めました。
さっくり揚がった天ぷらはさすが。
感じたのは野菜の美味しさをダイレクトに味わえる天ぷらであることです。
意外に思えたニンジンもカボチャのように甘く、その他の野菜もそれぞれがちゃんと美味しい。
その上で海老の頭のさっくり感を味わってから、最後に海老の身に。
天ぷら気分を満喫できる味でした。

なるほどの名店。
この落ち着いた店内で気軽に楽しめるのは貴重でした。

ごちそうさま。

基本情報

店名 登良屋
分類 天ぷら、小料理
用途 落ち着いた雰囲気で天ぷらが食べたいときに
予算 [昼] 1,500円-2,500円
[夜] 5,000円-6,000円
営業
時間
11:00-20:00
11:00-20:00
11:00-20:00
11:00-20:00
11:00-20:00
11:00-20:00
定休日
リンク
電話 045-251-2271
住所 神奈川県横浜市中区吉田町2-3
馬車道駅から徒歩9分

コメント

タイトルとURLをコピーしました