【戸越銀座】キッチン TAIYO – アドレナリンが湧いてくる、ジュウジュウのハンバーグ。

池上沿線
スポンサーリンク

お店の紹介

戸越銀座から少し距離があり、あまり繁華じゃない場所にあったこちらのお店が、戸越銀座の商店街の近くに移転しました。

移転前から美味しい上にボリュームがある洋食だったのですが、移転後もそれは変わらず、むしろ商店街近くに移転した結果、より繁盛しているように思います。

町中華ならぬ、町洋食。貴重なお店です。

食べてみた

ハンバーグ、カキフライ、ビール 1,800円 (2021年12月)

移転前の駅から少し離れたお店にも伺ったことがあり夜でもお手頃に食べられる洋食だったのを覚えていました。

そんなお店が戸越銀座の町中に移転してしかもお店も広くなったような。
ということで移転後1年以上経って、ようやく伺うことができました。

前回伺ったタイミングではコロナの影響で20時までの営業となっており、ラストオーダーに間に合わなかったので、ようやく、という気分です。

店内に入ると中はとても賑やか。
どうも忘年会をやっている方々がおり、とても盛り上がっていました。
洋食で忘年会、なかなかの趣向、忘年会に選ばれる洋食店とはさすがだと感じます。

私はカウンターに居を得てメニューを拝見、
・SPハンバーグ 1000円
・カキフライトッピング 2個 200円
・瓶ビール(クラシックラガー) 600円
をお願いしました。

カキフライは単品メニューには無かったのですが快く対応頂けました。
大きさが分からず2個で頼んだのですが、小粒なカキとはいえ2個でわずか200円。
うーん、相変わらずお手頃過ぎます…。

まずはビールで仕事の疲れを癒やします。
同時にローストビーフが出てきたのですが、これはビールについてきたのかな?
ソースとホースラディッシュがありお酒にも合いますし、おまけにしても食べ応えがあり過ぎです。

しばらくたってハンバーグも登場。ハンバーグの上には目玉焼きトッピングがありこれもワクワク、左手にカキフライが2個とうれしいタルタル、奥には焼き野菜がゴロゴロ。
これらが熱々の鉄板でジュウジュウいっているのですから、この段階でアドレナリン炸裂です。

食べ始めると濃いめのソースが食欲をそそり、しかもボリューム満点。
ハンバーグだけでなくタルタルカキフライも一緒に食べられる幸せに来て良かったとあらためて思いました。

すっかり満足して去ろうとしたらコーヒーも付いているとのこと。
これは普通ではありましたが、想像を超えるお得感に脱帽です。

町中華ならぬ町洋食。
洋食食べたい病になったら迷わず行ける貴重なお店かと思います。

ごちそうさま。

基本情報

店名 キッチン TAIYO
分類 洋食
用途 町洋食を堪能したいときに
予算 [昼] 1,000円-1,500円
[夜] 1,000円-2,500円
営業
時間
[定休日] 水曜日、第3木曜日
11:30-14:30, 17:30-21:00
11:30-14:30, 17:30-21:00
定休日
11:30-14:30, 17:30-21:00
11:30-14:30, 17:30-21:00
11:30-14:30, 17:30-21:00
11:30-14:30, 17:30-21:00
リンク
電話 03-5498-9898
住所 東京都品川区戸越1-19-24
戸越銀座駅から徒歩7分

コメント

タイトルとURLをコピーしました