【目黒】餃子の安兵衛 – 高知発の薄皮の餃子をお気軽に。

目黒・不動前
スポンサーリンク

お店の紹介

高知で評判だという餃子屋さんが東京の目黒と恵比寿に進出しました。
東京出店とは言え餃子につきお手頃に楽しめるとあって、ついつい伺いました。

高知の餃子は薄皮が印象的。
小さいサイズなのでつまみとしてもお酒が進みました。

旨くてお手頃なお店なので、繁盛してしかりだと思います。

食べてみた

軽く食べて飲んで 2,000円ちょっと (2020年12月)

平日の夜、軽く飲んで帰ろうとこちらに。
高知 安兵衛 がベースのお店のようで、東京では恵比寿にある「えびすの安兵衛」とこちらの目黒店があるようです。

店内に入ると元気の良い接客。
良くは知らないもののなんだか高知らしいようにも感じました。

さてカウンターに居を得て、注文を。
・びんビール キリン 520円
・焼餃子 420円
・水餃子 460円
・ニラ玉 380円
焼餃子はもう一皿楽しみました。
お会計は税別ではあるものの突き出しや席料はなく明瞭会計、ふらっと行くのにちょうど良いお店かと思います。

まずはビールを。
キリン ラガーの中瓶でしたが、ラガーってこんなに泡がしっかりしてたかな…と感じるビール。
新鮮なのかもしれません。
やはり餃子にはビールでしょう。

焼餃子が先頭として登場、小振りながら7つあり、餃子のタレ+ラー油を混ぜたタレで食べ始めました。
こちらの特徴は薄皮かと思います。
この薄皮のおかげでさっくりした食感になっており、味の良い餡とあいまって、餃子というよりつまみ的に食べられました。

水餃子はスープに使った状態ではなく、お皿に蒸した餃子が登場し、レンゲに載せてからスープにつけて食べ進めます。
寒い日だったこともあり温かいスープは体にしみます。
この食べ方ももちろん美味しいのですが、個人的には焼餃子の方がより好みでした。

最後のニラ玉は想像とは異なる料理。
名前のままですが、たっぷりのニラに黄身をのせて和えて食べるのですがニラも玉子も好きなこともあり、これはこれで楽しめました。

食べて飲んで満足。
この気軽さも良いところだと思います。

ごちそうさま。

基本情報

店名 酒嚢飯袋
分類 居酒屋、創作料理
用途 旨い料理と日本酒を飲みたいときに
予算 [昼] 1,000円-1,500円
[夜] 4,000円-5,000円
営業
時間
12:00-14:00, 18:00-22:00
12:00-14:00, 18:00-22:00
12:00-14:00, 18:00-22:00
12:00-14:00, 18:00-22:00
12:00-14:00, 18:00-22:00
12:00-14:00, 18:00-22:00
12:00-14:00, 18:00-22:00
リンク
電話 03-6417-4221
住所 東京都品川区上大崎2-26-5 メグロードビル 2F
目黒駅から徒歩2分

コメント

タイトルとURLをコピーしました