【石川台】風の食堂 – 名店にも引けを取らない釣アジフライ

池上沿線
スポンサーリンク

お店の紹介

2021年7月、池上線石川台駅前にできたこちらのお店、食堂ではあるもののただものじゃないお店です。
樽生クラフトビールや日本酒も楽しめますが、何といっても絶品の「釣りアジフライ」が楽しめます。

新しいお店探しの際に便利なのが食べログの「ニューオープン」機能。地図表示の際に新しいお店順に並べ替えることができます。新しいだけに食べログでは点数もついていないようなお店の中から数少ない書き込みを頼りに新しい名店を探し当てるのは楽しい作業です。

こちらのお店も書き込みが気になって伺ったお店。
結果としては想像を超えるアジフライが楽しめるお店だったので、こちらにも掲載です。

食べてみた

アジフライ定食 1,250円 (2021年9月)

週末のランチ、少し前に見つけてBMしていたこちらのお店に訪問です。
アジフライ推しの食堂、とても気になります。

伺ったのは週末の昼12時頃。
店内は7割程度が埋まっていましたが、待たずに入ることができました。

この日のランチメニューは、
・アジフライ定食 1250円
・油淋鶏定食 850円
・トマトキーマカレー 850円
の3種類、私は予定通りアジフライ定食をお願いしました。

アジフライのアジは、走水産でかつ釣ったアジだとのこと。
やはりアジフライは素材が命ということでしょう。

しばらく待って、定食登場。
ライス、味噌汁、アジフライ、ポテサラ、漬物、別添のタルタルソースです。
ライスは書いていませんでしたが、お代わりできるとのことです。

まずは味噌汁を一口、ライスを一口、アジフライを食べるにあたり、美味しい味噌汁とライスも重要です。
また、漬物は少し醤油がかかっており、その一手間が見た目の旨さも増加させます。

アジフライですが、別添のタルタルソースをかけて頂くのですが、タルタルソース自体はそれほど多くなく、醤油も少しかけたりしました。
タルタルはたっぷりとつけたい派なので、ちょいと惜しい。

フライにかぶりつくと、アジの素材の良さがダイレクトで伝わってくる一方、アジ自体なのか衣なのかの塩加減、つまり塩梅がとても良いです。
良いアジを塩で食べている感覚でしょうか。

この衣のざっくり感も含めて、タダモノじゃないと感じました。
これは旨い。

さらにはポテサラもクリスプなチップもかかっており、これもまた良いです。
なんだか味付けのセンスが私と合うお店でした。

私はアジフライも大好きで、都内でも有名な京橋の 京ばし松輪 や高田馬場の 酒肴 新屋敷 にも伺いました。それらに対しても引けを取らない旨さですし、まだ行列がなくても入れることもあり穴場とも言えるでしょう。

食べる前は1250円はちょっと高めかと思ったものの、この味なら納得。
アジフライを食べたくなったらこちらがオススメです。

ごちそうさま。

基本情報

店名 風の食堂
分類 定食、食堂、アジフライ
用途 絶品アジフライを食べたいときに
予算 [昼] 800円-1,500円
[夜] 2,000円-3,000円
営業
時間
コロナが落ち着いてきたことからランチ営業はされていないようです
定休日
定休日
16:30-22:00
16:30-22:00
16:30-22:00
14:00-22:00
14:00-22:00
リンク
電話 03-4362-6050
住所 東京都大田区東雪谷2-4-15
石川台駅から徒歩1分

コメント

タイトルとURLをコピーしました