【武蔵小杉】粥菜坊 – 再開発前からある中華粥の名店

東横線、神奈川方面
スポンサーリンク

お店の紹介

横浜中華街などでは食べられる中華粥、そこらへんの街ではなかなか食べられない味わいですが、こちらは中華街にも引けを取らないレベルです。
疲れたときや二日酔いのときにこちらの中華粥は最高です。

以前に武蔵小杉に住んでいた頃に良く行っていた武蔵小杉の再開発前からあるお店です。
当時は金曜日は泥酔して、土曜日の昼にこちらの中華粥というパターンが結構ありました。

2020年7月に久々に再訪したのですが美味しさはそのままで、いつのまにか中華百名店にも選ばれていました。美味しいお店はやはり隠しておけないようです。

食べてみた

肉片粥(豚肉粥) 580円、焼餃子 3種 240円 (税別、2020年7月)

再開発前のまだ高層ビルが建ってなかった頃、2004年からあるお店です。
当時、近くに住んでいたこともあり、何度も行ったことがありました。

この日は、11時半の開店に合わせ訪問、あいかわらずのカジュアルで落ち着いた雰囲気、変わらない部分です。

メニューを見て、
・肉片粥 (豚肉粥) 580円
・焼き餃子
– にんにくの芽と豚肉の餃子 80円
– 椎茸と鶏肉の餃子 80円
– キャベツと豚肉の餃子 80円

をそれぞれお願いしました、税別です。
焼き餃子は1つずつ頼めるのも変わりませんね。

まずは
・肉片粥
が登場です。
お粥にレタスがかかっており、最初に見たときは意外に感じましたが、今ではとてもしっくりしています。
食べ始めると体に染み渡るスープ、やはりかなりの旨さです。
豚肉もそれ自体も美味しいですし、食感の良いサイズ感も素晴らしいです。
あー、旨い。

後から出てきた餃子は、あっさりめ。
大きくはないものの餡はしっかりと入っており、ジューシーというよりも、凝縮された餡を楽しむような餃子でした。

いずれも体に優しく、結局食べたいのってこんなのだよな、と思わせてくれる中華粥でした。
ごちそうさま。

基本情報

店名 粥菜坊
分類 中華、粥、餃子
用途 体に優しい中華粥が食べたいときに
予算 [昼] 1,000円-2,000円
[夜] 2,000円-3,000円
営業
時間
定休日
11:30-14:00, 17:00-23:00
11:30-14:00, 17:00-23:00
11:30-14:00, 17:00-23:00
11:30-14:00, 17:00-23:00
11:30-15:00, 17:00-23:00
11:30-15:00, 17:00-23:00
リンク
電話 044-733-7538
住所 神奈川県川崎市中原区今井南町4-12
武蔵小杉駅から徒歩8分

コメント

タイトルとURLをコピーしました