【蓮沼】インディアン本店 – カレーとラーメンのダブル炭水化物

池上沿線
スポンサーリンク

お店の紹介

蒲田から一駅の蓮沼駅、なかなか訪れる機会が無かったのですが、食べログでは高得点(2021年11月時点で3.68)をマークしていたことから、ついつい。
禁断のカレーとラーメンのダブル炭水化物、とはいえ次に行くときもどちらかに絞れないと思います。

日本人が大好きな料理と言えば寿司とカレーとラーメン。そのうち2つを同時に楽しめるお店がこちらです。
独特の風味があとをひくカレーとさっぱりとした支那そばの組み合わせはどちらも欠かせない組み合わせなのです。

食べてみた

支那そばと半カレー 1,100円 (税込,2020年11月)

コロナで盛り上がった2020年、長期天気予報によると秋が短く冬の訪れが例年よりも早いとのこと。
そんな中、貴重な秋休みの週末にサイクリングで蓮沼まで足を伸ばしました。

お店についたのは昼の11時15分頃。
開店が11時なのですが入ったタイミングでは満席でしたが、5分くらいでカウンターに居を得ました。

壁にあるメニューを見て、
・支那そばと半カレー 1,100円 (税込)
をお願いしました。
ダブル炭水化物ですが、こちらのお店で片方で済むわけもなく。

ちょっと待って、先に「支那そば」登場。
透明感のあるスープに焦がしネギが印象的で、いかにも旨そうなラーメンです。

スープをすすると「中華そば」をイメージしたような味でシンプルに旨い。
麺や食材も奇をてらわない味わいが好印象でした。

チャーシューは見た目以上に大きくて、食べ応えがあるもの。
上から見るのでは分からないサイズ感ですし、食感も好きでした。

スープの色は違いますが、大井町の 永楽 にも似た中華そばでした。

麺を楽しんでいる間に「半カレー」も登場。
半分とはいえ、それなりのボリュームでした。

卓上のらっきょうと福神漬けをたっぷり目に追加して、食べ始めるとねっとりとしたルーでした。
なんだか欧風カレーのようなねっとり感。
それでいてクセになる味はニンニクでしょうか。
なるほど、蒲田らしい風味です。

あっさりスープとねっとりカレー、コンビネーションで楽しむべきセット。
ダブル炭水化物ではあるものの、ぜひセットで楽しんで下さい。

ごちそうさま。

基本情報

店名 インディアン本店
分類 カレー、ラーメン
用途 カレーとラーメン、どちらか選べないときに
予算 1,000円-2,000円
営業
時間
11:00-18:00
11:00-18:00
11:00-18:00
定休日
11:00-18:00
11:00-18:00
11:00-18:00
リンク
電話 03-3738-1902
住所 東京都大田区西蒲田6丁目26-3
蓮沼駅から徒歩2分
蒲田駅から徒歩9分

コメント

タイトルとURLをコピーしました