【三軒茶屋】東京餃子楼 – 王道の餃子を三軒茶屋で楽しむ

三軒茶屋・池尻大橋
スポンサーリンク

お店の紹介

みんな大好き、餃子。
いずれのお店でも美味しいとは思うものの、記憶に残るお店は意外に少ないと思っています。そんな中でもトップレベルだと感じたのがこちらのお店、王道の餃子です。

三軒茶屋で人気の餃子専門店ですが、現在でこちらの本店に加えて、同じく三軒茶屋の「茶沢通り店」や「京橋店」「梅丘店」「千歳船橋店」「新宿南口店」と支店が増えているようです。
美味しくて安い、店の姿勢も含めて王道の餃子屋さんだと思います。

食べてみた

焼餃子、水餃子、もやし 780円 (2017年3月)

3月の久々の3連休、美味しい餃子があると聞きつけてこちらに伺いました。
最近だと亀戸餃子本店で2か月前の1月に食べたのですが、餃子、好きです。

今回は週末のランチ、11時半の開店過ぎに伺いました。
お店に入ると、すでにかなりのお客さん。
奥にはテーブルがいくつかあるのですが手前には長いカウンターがあり私はカウンターに居を得ました。

餃子にはビールですが、昨晩も結構飲んでいるのと、夜も飲み会だったので、ここではやめておきました。
メニューは
・もやし 200円
・焼餃子(ニラ、にんにく入り) 290円
・水餃子(ニラ、にんにく入り) 290円

をそれぞれお願いしました。

まずはもやし登場。
太いもやしをしっかりと茹でたものに肉味噌をかけたもの、もやし自体も旨いですがやはりこの肉味噌がポイントでしょう。
これは立派な一品でした。

次に、水餃子登場。
お酢多めで醤油とラー油でタレを作り頂きました。
熱々の水餃子とタレを合わせて頂くと、これが旨い!
特別じゃないのですがこれこそ餃子と思える味、この熱さも含めてごちそうなのでしょう。

最後に、焼餃子登場。
これ以上ない素敵な焼き色にトキメキながら頂くと、これもやっぱり旨い。
これこそ王道の餃子です。

餃子で好きなお店といえば、赤坂のみんみん、目黒の鎮海楼、などですが、今回、こちらのお店も私の中で仲間入り。
今のところ3傑です。

餃子が食べたくなったら、また伺います。
ごちそうさま。

基本情報

店名 東京餃子楼
分類 餃子
用途 王道の餃子が食べたいときに
予算 500円-1,000円
営業
時間
11:30-22:00
11:30-22:00
11:30-22:00
11:30-22:00
11:30-22:00
11:30-22:00
11:30-22:00
リンク
電話 03-5433-2451
住所 東京都世田谷区太子堂4-4-2
三軒茶屋駅から徒歩3分
西太子堂駅から徒歩4分

コメント

タイトルとURLをコピーしました