【三軒茶屋】長崎 – 双璧を成す三角地帯の長崎ちゃんぽん。

三軒茶屋・池尻大橋
スポンサーリンク

お店の紹介

三軒茶屋はご存じの通り魅力的な街です。

私はそれほど行ったことはないものの、今まで食べた中で一番美味しいちゃんぽんのお店「來來來」や、王道の餃子が楽しめる「東京餃子楼」、日本酒と料理を三角地帯で楽しめる「赤鬼」など、いくつかの有名店は伺ったことがあります。

こちらは三角地帯にある、もう一つのちゃんぽんの名店です。
1つの街に2つもちゃんぽんの名店があるだなんて、羨ましい限りです。

食べてみた

長崎ちゃんぽん 800円、バリバリの皿うどん 800円 (2016年3月)

三軒茶屋に用事があり、その日のランチで伺いました。
以前に「來來來」にも伺って素晴らしいちゃんぽんを食べたのですが、今回はこちらで。

カウンターだけのお店ですが、昼12時半くらいに伺った際にはちょうど2席空いていたので待たずに入ることができました。
その後も行列ができるほどではなかったですが、席が空くとお客さんがやってきて常に満席のような状態でした。

ここでは、
・長崎ちゃんぽん 800円
・バリバリの皿うどん 800円
をお願いしました。
どちらも税込みです。

調理の様子を見ながら楽しみに待っていると、まずは「ちゃんぽん」が、しばらくして「皿うどん」が供されました。
どちらも結構な量があります。

まずは「皿うどん」から。
たっぷりの野菜にこってりとした熱々のタレがしっかりと混ざっており、それをかき分けてようやくバリバリのうどんにたどり着きます。
こってりとバリバリの歯ごたえも楽しく、これは美味しい皿うどんでした。
量がしっかりしているので途中で紅ショウガを加えるとまた美味しく楽しめます。
さらにお酢をかけて最後まで楽しみました。

「ちゃんぽん」は、あっさりした豚骨のスープにやはりたっぷりとした野菜が。
また竹輪や蒲鉾のような具材、豚までが混然一体となっており、これもまた旨し。
このスープと太めの麺がよく絡まって、これぞちゃんぽんと言える一品でした。

個人的には「皿うどん」の方が好きでした。
どちらも完成度が高く、丁寧な接客にも好感が持てる良店。

三軒茶屋、あいかわらず素晴らしい街かと感じました。
ごちそうさま。

基本情報

店名 長崎
分類 ちゃんぽん、皿うどん
用途 三軒茶屋で「來來來」と比べたいときに。
予算 800円-1,200円
営業
時間
11:00-19:30
定休日
11:00-19:30
11:00-19:30
11:00-19:30
11:00-19:30
11:00-19:30
リンク
電話 03-3422-4839
住所 東京都世田谷区三軒茶屋2-15-1
三軒茶屋駅から徒歩3分
西太子堂駅から徒歩6分

コメント

タイトルとURLをコピーしました