【馬車道】生香園 新館 – 王道の中華で五目焼きそばを

みなとみらい沿線
スポンサーリンク

お店の紹介

馬車道にある佇まいの立派な中華のお店である「生香園」は「せいこうえん」と読みます。

後から知ったのですが周富輝氏のお店とのこと。
料理の鉄人として有名な周富徳氏の弟ですが、富輝氏もTVでもおなじみかと思います。

あまり有名人のやっているお店には伺わないのですが、こちらのお店は王道の中華を楽しめるお店、また行きたいと思える安定した美味しさでした。

食べてみた

春巻き、小籠包、五目焼きそば 2500円前後/2名 (2020年3月)

週末に馬車道に用事があり、ランチを食べようかとウロウロ。
行く予定だった洋食のお店は行列の上、雨まで降ってきたのでこちらに吸い込まれていきました。
たまたまですが入ったのは「新館」、「本館」もすぐ近くにありました。

店内に入ると早速ポットで温かいお茶が。
お茶をたくさん飲めるのはうれしいですし中華の油っぽさ流してくれます。

さて、メニューを見て二人用にお願いしたのは、
・五目焼きそば
・春巻き
・小籠包
です。あわせて2500円前後でした。

先に小籠包でもと思っていたら「五目焼きそば」から登場、出来立てで実に旨そうです。
その後に「春巻き」「小籠包」の順番でした。
出来た順に持ってきてくれたようです。

「五目焼きそば」ですが、五目どころか具沢山の焼きそば。
具材の火入れも良く、シャキシャキ楽しめますし、餡の旨さ、また麺との絡まり具合もとても旨いです。
さすがは有名店だと感じました。
お一人でこれを食べている方も多そうでした。

「春巻き」は一皿3本なのですが手違いか2本が先に登場、1本は追加でした。
これも王道と思える味、熱々の「春巻き」に酢と辛子で頂くと、かなり幸せでした。

「小籠包」は皮が厚め。
台湾などの「小籠包」は皮が薄めですがこちらのは豚まんの皮のような厚さ。
これはこれで美味しいですし食べ応えがありました。

いわゆる町中華と呼ばれる日本中華も大好きですが、こちらの中華らしさは横浜ならでは。
満足度の高い安定の美味しさでした。

ごちそうさま。

基本情報

店名 生香園 新館
分類 中華
用途 周富輝氏の美味しい中華を楽しみたいときに
予算 [昼] 1,000円-2,000円
[夜] 5,000円-6,000円
営業
時間
11:30-21:30
11:30-21:30
11:30-21:30
11:30-21:30
11:30-21:30
11:30-21:30
11:30-21:30
リンク
電話 045-681-4121
住所 神奈川県横浜市中区太田町5-56
馬車道駅から徒歩1分
日本大通り駅から徒歩9分

コメント

タイトルとURLをコピーしました