【学芸大学】二葉 – 昼から大繁盛の町中華、餃子も炒飯も旨い。

学芸大学・都立大学
スポンサーリンク

お店の紹介

学芸大学と言えば、碑文谷などを擁する高級住宅街である一方でマンションも多く、家族連れから一人暮らしまで多くの人が住む町かと思います。

人が多いことからお店も多く、食べるものには困りません。

そんな中でも町中華と言えばこちら。
美味しい餃子と炒飯以外にたくさんのメニューがあり、胃袋を楽しませてくれることでしょう。

食べてみた

炒飯 + 餃子 1,200円 (2021年11月)

週末のランチ、美味しい中華でも食べたいと学芸大学まで。
駅1分ほどのところにある評判の町中華です。

この日は開店の12時過ぎに伺おうと12:10頃に到着、そのタイミングでは長い行列が出来ていました。
えっ、こんなに並ぶの? と思ったものの、どうも開店が遅れてて店の前には「開店は12:15頃になります」の張り紙が。
結局開店したのは 12:20頃でした。

これが良くあることなのか、いつものことなのかは分かりませんが、幸いにして思ったよりも広い店内でもあり1周目で入ることができました。

お客さんはお一人様から家族連れまで。
つまりオールマイティです。

開店のタイミングでもあり店員さんはテンテコマイ。
それでも見事にさばいていたように思います。

店内にはたくさんのサインがありました。
私は知らなかったのですが、とんねるずの「キタナシュラン」にも選ばれているお店とのこと。
でも決して不潔なお店ではないです。

さて、メニューを見て、
・炒飯 650円
・餃子 550円
をそれぞれお願いしました。
炒飯と餃子の両方がどうしても食べたかったのですが、ちょうど良い定食は見当たらず。

さて、水を飲みながら待つことしばし。
先客の料理が運ばれたのちに、まずは餃子が登場、続いて炒飯も中華スープと一緒に登場です。

まずは餃子。
醤油、お酢、ラー油でタレを整えて食べると、実に旨い餃子。
餡の詰まり具合、肉具合、皮の厚み、そして肉汁具合まで良きバランスの餃子でした。
旨い。

炒飯の具材は実にシンプル。
チャーシューも控え目な感じなのですが、パラパラ具合が見事。
まさに炒める飯、具材ではなくて炒め方なのだよ、というのが伝わる炒飯でした。

昼から旨い餃子と炒飯ですっかり満足。
家族連れはいろんな料理を頼んでシェアをしながら食べていたのでイロイロ楽しめるのは羨ましかったです。

なるほど学芸大学の名店でした。
ごちそうさま。

基本情報

店名 二葉
分類 中華、定食
用途 学芸大学の町中華と言えば。
予算 [昼] 800円-1,500円
[夜] 1,000円-2,000円
営業
時間
12:00-15:00, 17:00-21:00
12:00-15:00, 17:00-21:00
12:00-15:00, 17:00-21:00
12:00-15:00, 17:00-21:00
12:00-15:00, 17:00-21:00
12:00-15:00
12:00-15:00, 17:00-21:00
リンク
電話 03-3712-4152
住所 東京都目黒区鷹番3-3-17
学芸大学駅から徒歩1分

コメント

タイトルとURLをコピーしました