【武蔵小杉】ラトリエヒロワキサカ – 街を代表するスイーツとなることでしょう。

東横線、神奈川方面
スポンサーリンク

お店の紹介

再開発著しい武蔵小杉、私も以前に近所に住んでいたのですが、最近の新しいビル群には驚かざるを得ません。

こちらは駅北西にあるタワーマンションの1Fにあるお店、タワーマンションに相応しい、実力派のスイーツが楽しめました。

調べてみると、自由が丘の名店「モンサンクレール」のスーシェフを務めていた脇坂氏が2018年8月に独立されたお店、武蔵小杉エリアでもトップレベルのお店かと思います。

食べてみた

タルト 400円 (2019年1月)

武蔵小杉の用事のついでにこちらでタルトを持ち帰り。

お店はパンの名店 ブーランジェリー メチエ が入っているパークシティの1Fにありました。

食いしん坊諸兄の情報によると自由が丘の モンサンクレール で修行された方のお店だとのこと、自然と期待が高まります。

店内に入ると焼き菓子や生菓子タルトなどが並んでいました。
美味しそうな生菓子に惹かれながらも、この日は自転車だったため、運べそうなタルトにしました。

タルトは4-5種類あったのですが、その中から、
・宮崎紅と紅玉のタルト 400円
・金柑とフランボアのタルト 400円
の2種類を、税別です。
見た目にもとても美しいタルトでした。

自宅に持ち帰りコーヒーと一緒に。

1つは宮崎紅というのはさつまいもの種類なので、さつまいものリンゴのタルトです。
紅玉の酸味も旨いですし、ソース使いはモンサンクレールをイメージさせるもの。
そして何よりタルト生地の旨さが抜群でした。

金柑の方は金柑らしさがちゃんと出ており、想像以上のレベル。
甘過ぎず、それでいて酸味のバランスが良く、これも実力が見えるような完成度の高い一品でした。

武蔵小杉のケーキ屋に詳しいわけではありませんが、街を代表するケーキ屋になりうるお店かと思います。
ごちそうさま。

基本情報

店名 ラトリエヒロワキサカ
分類 スイーツ、焼き菓子
用途 武蔵小杉の上質なスイーツと言えば。
予算 1,000円-2,000円
営業
時間
定休日
11:00-19:00
11:00-19:00
11:00-19:00
11:00-19:00
11:00-19:00
11:00-19:00
リンク
電話 044-281-3865
住所 神奈川県川崎市中原区小杉町2-276-1
武蔵小杉駅から徒歩5分
新丸子駅から徒歩9分

コメント

タイトルとURLをコピーしました