【洗足池】瑞雲 – 駅からは遠いがわざわざ行く価値のある中華

池上沿線
スポンサーリンク

お店の紹介

美味しい中華があるという話を聞いて、インスタグラムをフォローすると、魅力的な料理の写真が次々と流れてきました。
駅からずいぶんと離れた地域にあるのに昼から満席になるということが実力を物語っています。

池上線と浅草線の間にある上池台というエリアにはいくつか気になるお店がありますが、こちらもそのうちの一つ。

こんなところにあるんだ…が、こんなに美味しい店が…に変わるお店かと思います。

食べてみた

冷やし担々麺と小籠包セット 1,980円 (2021年7月)

食いしん坊仲間からの情報でこちらに。
東急沿線での最寄り駅は池上線 洗足池駅ですが、そこから徒歩17分と駅からとても離れています。
東急沿線以外の最寄り駅は浅草線 西馬込駅ですが、それでも徒歩15分かかるのですが、あたりにはお店も多いエリアです。

ランチに伺ったのですが開店は昼12時からということでしたが、10分くらい前に着くと既に営業していました。12時半くらいまでに続々と来客がありましたので、12時を目指すのが良さそうです。

メニューを見て、
・冷やし担々麺と小籠包セット 1,980円 (税込)
を。
冷やし担々麺と小籠包以外に冬瓜スープと杏仁豆腐も付いてくる贅沢なセットです。
冷やし担々麺は早めに、その後に冬瓜スープ、小籠包が登場、食後に杏仁豆腐で登場です。

冷やし担々麺はトマトや茄子、おくら、キュウリなどの色鮮やかな野菜も多くのっており、見た目だけでも美味しそう。
担々スープを口に含むと、ゴマの風味が口に広がり実に旨い。
一口で当たりだと思いました。
それぞれの具材の旨さ、スープの旨さ、麺のコシ、そして全体のバランスまで完成度が高いです。

冬瓜のスープは体に良さそうな根菜中心のスープ。
冷たい担々麺と温かい冬瓜のスープというのも良い組み合わせです。

小籠包は少し大ぶりのが2つ。
小籠包は台湾などで良く食べるのですが、こちらのは日本で食べた中ではかなり上位。
皮の厚み、スープの旨さ、熱々の小籠包を口の中でハフハフ言いながら食べるのは快感です。
2つだけというのもまた食べたくなるボリュームでした。

最後の杏仁豆腐も美味しい中華屋さんに相応しい美味しさ。
上質なデザートだと思いました。

約2000円でもこの内容なら満足。
海鮮あんかけ焼きそばも気になりますし、また伺いたいお店でした。

ごちそうさま。

基本情報

店名 瑞雲
分類 中華、小籠包
用途 美味しい小籠包を食べたいときに
予算 [昼] 1,500円-2,500円
[夜] 4,000円-6,000円
営業
時間
定休日
17:30-21:00
17:30-21:00
17:30-21:00
17:30-21:00
12:00-13:30, 17:30-21:00
定休日
リンク
電話 03-6425-8288
住所 東京都大田区東雪谷5-9-3 1F
洗足池駅から徒歩17分
石川台駅から徒歩18分

コメント

タイトルとURLをコピーしました