【自由が丘】柿ひで – らしくないお店で満足な食事を。

自由が丘・奥沢
スポンサーリンク

お店の紹介

自由が丘はオシャレなお店も多い一方でレトロな雰囲気なお店も同じく多いです。
こちらのお店、元スナックの居抜きであろう内装なのですが美味しい和食が楽しめます。

場所はマクドナルドなどがある「しらかば通り」沿いにありビルの奥にあるのですが、ビルの前に看板もありますので、それを目印に立ち寄って下さい。
好きな方も多いお店かと思います。

食べてみた

食べて飲んで 4,000円 (2020年8月)

ネットでの投稿を見て気になっていたお店、前回伺ったときには満席で入れませんでした。
というのもコロナ禍で距離を置いた営業をちゃんとされており、キャパが少なくなっていたこともあり。
逆に安心して今回伺うことができました。

店内は元スナックの居抜きなのでカウンターだけのお店です。
私もカウンターに居を得てメニューを拝見。
隣のお客さんが赤星を中瓶で飲んでいるのが目に入ったので、、
・サッポロ 黒ラベル (黒星) 中瓶 800円
をお願いしました。
サッポロを置いてある時点で私の中では少し評価が上がります。(笑

その後はメニューや厨房にぶら下がっているメニューの中から
・焼き茄子のおひたし 480円
・おつまみネギトロ 800円
・柿ひで風チキン南蛮 850円
さらに、
・ウーロンハイ 500円
を追加、全部で税込 4,000円ちょっとでした。

最初に突き出し登場。
もやしのナムル風っぽい料理なのですが、中には魚の切り身が入っており味付けも好み。
これで一気に期待が高まりました。

次に「焼き茄子のおひたし」が登場。
たっぷりと入った茄子が特徴的で、茄子が好きなこともありますが味付けも好きでした。
料理と一緒にビールを飲み進めます。

次の「おつまみネギトロ」はネギトロを海苔に挟んで食べる料理。
結構なボリュームで二人くらいで楽しむのが良さそうですが私は一人で食べて進めました。
このネギトロも確かに「おつまみ」のように楽しめます。
こんなにたっぷり食べたのは久々でしたが、これもまた頼みたい一品でした。

最後に「柿ひで風チキン南蛮」を。
この料理が出てくるまで結構時間がかかり、途中でウーロンハイを追加です。
店名を冠した料理を頼むのが好きなのですが、これもやはり楽しめる味。
レタス、チキン、タルタルソースでしたが最後に占める肉として満足でした。

ご主人は常に忙しそうですが料理が美味しいので気になりません。
美味しくなかったら「せわしないな」とか感じそうですが。(笑

自由が丘にありながら、その雰囲気はないお店ですが私は好きなお店でした。
ごちそうさま。

基本情報

店名 柿ひで
分類 和食、居酒屋
用途 オサレではない自由が丘も楽しみたいときに。
予算 [夜] 4,000円-5,000円
営業
時間
コロナ前は27時まで営業
17:30-21:00
17:30-21:00
17:30-21:00
17:30-21:00
17:30-21:00
17:30-21:00
17:30-21:00
リンク
電話 03-6320-3000
住所 東京都目黒区自由が丘2-11-16
自由が丘駅から徒歩3分

コメント

タイトルとURLをコピーしました