【学芸大学】かつよし – とんき風とんかつを気軽に楽しめる。

学芸大学・都立大学
スポンサーリンク

お店の紹介

行くと美味しいお店に出会える街、学芸大学、この日もとんかつを食べに足を伸ばしました。

学芸大学でとんかつと言えば、2022年の今でこそ、駅の効果下にある「とんかつLab」や「とんかつ肆参」などが出来ていますが、2016年当時はこちらの「かつよし」くらいだったようにも思います。

「かつよし」は美味しくてお手頃な上に基本動作ができているお店として記憶に残っています。

食べてみた

とんかつ定食 1,080円 (2016年7月)

週末のランチ、恒例のとんかつを食べに伺いました。
とんかつの有名店、とんき 目黒店 系のとんかつを食べられるとのことでした。

「とんき」のとんかつは好みが分かれるところかと思いますが個人的にはアリかなと思っています。
最近の「肉汁ジュワー」な傾向ではなく、これ以上もなくサクサクに揚げきるとんかつは特に脂っこいのが苦手な方でも食べやすいと感じるからです。
私はまだ「肉汁ジュワー」派ですけどね。(笑

伺ったのは昼12時頃、店内に入るとカウンターとテーブルがいくつか。
私はカウンターに居を得ました。

今回は気軽に
・とんかつ定食 1,080円 (税込み)
をお願いしました。

とても暑い日だったのですが、しっかり冷えたお水が出されてかなり嬉しい。
こういう基本動作がしっかりしたお店は期待が持てます。

とんかつはごはん、豚汁、お漬物、と一緒に供されました。
とんかつ自体は思ったよりも大きく、これで1000円ちょっとはかなりお得でしょう。

まずは豚汁を一口。
熱々で供されているのがうれしいです。
先ほどのお水といい、こちらの豚汁といい、細かい気配りが素晴らしいです。

そしてライスを一口、そして何もつけずにとんかつです。
期待した通りのサクサク衣、味がついているのでとんかつというよりも美味しい唐揚げのよう。
結局最後までカラシだけでソースはつけずに楽しみました。
サクサクに揚げているのでジューシーさとは少し違いますが、肉自体も悪くなかったです。

途中でもキャベツのお代わりを聞かれたり。
やはり丁寧なサービスでした。

この味、サービスが1000円ちょっとで楽しめるのは破格です。
良いお店を見つけました。

ごちそうさま。

基本情報

店名 かつよし
分類 とんかつ
用途 とんき風とんかつを学芸大学で食べたいときに。
予算 1,000円-2,000円
営業
時間
11:30-13:30, 17:00-20:00
定休日
定休日
11:30-13:30, 17:00-20:00
11:30-13:30, 17:00-20:00
11:30-13:30, 17:00-20:00
11:30-13:30, 17:00-20:00
リンク
電話 03-5704-2110
住所 東京都目黒区中央町1-17-11
学芸大学駅から徒歩5分

コメント

タイトルとURLをコピーしました