【自由が丘】ほさかや – 賑わいを取り戻しているうなぎ酒場。

自由が丘・奥沢
スポンサーリンク

お店の紹介

自由が丘の駅前の飲み屋街である「美観街」は名店を擁するエリアでもあります。

このブログでも、料理の美味しい「とら」、酒学校として名高い「金田」などをご紹介してるのですが、まだまだご紹介したいお店がたくさんあります。

こちらも自由が丘の名店として有名なお店。
コの字カウンターと旨くてお手頃なうなぎ串の魅力がこの日もたくさんのお客さんを引き寄せていました。

食べてみた

軽く食べて大瓶飲んで 2500円ほど (2022年5月)

平日の夜、雨だったのですが思い立って久々にこちらに。
先日、同じく自由が丘の「八沢川」でうなぎを食べて、こちらに行きたくなりました。

伺ったのは19時頃。
ちょっと密な感じでほぼ満席、私もその一角に居を得ました。

まずは飲み物ということで、
・ビール 大瓶 650円
を。
大瓶と小瓶の用意があり、またアサヒまたはキリンでしたのでキリンを選びました。

壁のメニューを眺めて、
・一通り (かしら焼、ひれ焼、きも焼、からくり焼) 1300円
・うなぎ塩焼 400円
を注文です。

後から気づいたのですが、奥の方の壁に「うざく」「煮こごり」なども。
目が良くないのもあり気づかなかったのですが、こちらも食べたかったなー。

うなぎは思ったよりも早く登場です。
一通りにはパレットのタレもかけてもらえて良い匂いで気持ちを満たしてくれます。

それぞれの部位で異なる食感なのを堪能できるのがこちらの良いところ。
常連になれば好みが出てくるとは思うものの、この一通り、こちらのお店を楽しむのにうってつけにように思います。

いずれも旨かったのですが巻いたような「からくり焼」、王道とも言える「ひれ焼」がこの日の好みでした。
「かしら」はボリュームがありますし、「肝」は元気になれそうなので、いずれも食べたいところですので結局「一通り」を頼みそうです。

途中では卓上の山椒をかけてちょっと味変。
大瓶のビールをグビグビ、うなぎ串をグイグイ、幸せな時間でした。

最後に「塩焼き」を頼んだのも正解。
さっぱりと口を〆てお店を後にしました。

途中で鎌倉から食べに来たという6人組がいらっしゃったのですが、さすがに6人同時には入れませんでした。
少人数でふらっとくるお店、1-2名で伺うのが良いかと思います。

ごちそうさま。

基本情報

店名 ほさかや
分類 うなぎ、居酒屋
用途 自由が丘でうなぎを食べたいときに。
予算 [夜] 2,000円-3,000円
営業
時間
11:30-14:00, 16:00-20:00
11:30-14:00, 16:00-20:00
11:30-14:00, 16:00-20:00
11:30-14:00, 16:00-20:00
11:30-14:00, 16:00-20:00
11:30-14:00, 16:00-20:00
定休日
リンク
電話 03-3717-6538
住所 東京都目黒区自由が丘1-11-5
自由が丘駅から徒歩1分
奥沢駅から徒歩8分

コメント

タイトルとURLをコピーしました