【武蔵小山】やきとり まさ吉 – 旨い焼鳥と期待を超えてくる〆の鶏中華そば。

武蔵小山・西小山
スポンサーリンク

お店の紹介

魅惑の美食街、武蔵小山。
その中でも再開発以前から有名だったのが、こちらの焼鳥屋さんです。

武蔵小山にも実力派の焼鳥屋さんは「うち田」をはじめ、他にもありますが、こちらの名物は何といっても〆の「鶏中華そば」。
この「鶏中華そば」だけでも食べたいところですが、焼鳥ももちろん美味しいのであくまでも〆として楽しんで下さい。

2016年も2022年の現在もミシュラン、ビブグルマンを維持しているようです。

食べてみた

食べて飲んで 5,000円ちょっと (2016年11月)

年も明けてしばらく、なかなかハードな1週間の後、何か美味しいものが食べたいとこちらに伺いました。
予約無しで21時頃に伺ったのですが、ギリギリ滑り込むことができました。
この時間でもほぼ満席とはすごいですね。

まずはビール、生きてて良かったと思える一時です。
(大袈裟な…。)

その後に、
・梅きゅうり
・ダキ身低温調理
・おまかせ串焼き5本セット
をそれぞれ最初にお願いしました。

まずは「梅きゅうり」。
梅肉がしっかりと聞いており、きゅうりの叩き方も良い感じ。
これから食べるという気分を盛り上げてくれる一品でした。

それから「串焼き」スタート。
おまかせの内容は以下で、1本ずつ供されました。
・ささみ
・せせり
・つくね
・手羽元
・レバー

こちらの焼き鳥は、質の良い新鮮な鶏なのでしょう。
くせもくさみも少ない肉でした。

「ささみ」はうっすらと赤い部分が残るようにレア気味に焼き上げてくれており、こちらの実力が垣間見ることができました。

その他のものも、ジューシーに焼き上げられており、いずれもボリュームがあり、食べごたえがあるのが嬉しいです。
いずれも旨いですね。

串の最後に出てきた「レバー」もやはりくさみがないです。
レバーを食べれば、焼鳥屋さんの実力が見えるようにも思います。

「ダキ身低温調理」は鶏のハムのような味わいでしょうか。
山椒の粒や柚子が添えられており、それがまたただのハムとは違いを生み出していました。

この時点で、それなりにおなか一杯だったので、こちらの名物の
・鶏中華そば
を。
今回は小をお願いしました。

出てきたそばは結構小さいので、食後にぴったしですね。
レンゲまで小さいのはなかなかカワイイです。

スープを一口飲むとこれがまた素晴らしい味。
評判とはいえ、専門店にはかなわないだろうと高を括っていたのですが、それを十分覆すレベルのラーメンでした。
これはおなか一杯だったとしても、普通サイズを頼めば良かったなー。

2年連続、ビブグルマンは伊達ではありません。
素晴らしいお店でした。

ごちそうさま。

基本情報

店名 やきとり まさ吉
分類 焼鳥、中華そば
用途 焼鳥と絶品の中華そばの両方が食べたいときに。
予算 5,000円-6,000円
営業
時間
18:00-22:00
18:00-22:00
定休日
18:00-22:00
18:00-22:00
18:00-22:00
18:00-22:00
リンク
電話 03-3792-5216
住所 東京都目黒区目黒本町5-2-8
武蔵小山駅から徒歩4分
西小山駅から徒歩8分

コメント

タイトルとURLをコピーしました